プラチナシニア倶楽部

アクセスカウンタ

zoom RSS 姉が死亡後、妹が衰弱死

<<   作成日時 : 2012/01/22 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女性2遺体:姉死亡後、妹が衰弱死か 札幌のマンション

姉妹とみられる女性2人の遺体が見つかったマンション(右)=札幌市白石区東札幌5の6で2012年1月21日午後0時58分、伊藤直孝撮影

 20日午後7時10分ごろ、札幌市白石区東札幌5の6のマンション3階一室で女性2人が死んでいるのを、北海道警札幌白石署員が発見。部屋に住む40代の姉妹とみて確認を急いでいる。2遺体に目立った外傷はなかったが、知的障害のある妹とみられる女性がやせ細っていた。同署は姉が死亡後、妹が衰弱死した可能性があるとみている。

 同署によると、2遺体はともに40歳前後で死後1カ月程度。別々の部屋で見つかり、姉とみられる女性はベッドの脇で、妹とみられる女性はベッドの上で死んでいた。部屋は施錠され、居間のテーブルの上には現金約4万3000円が置かれていた。部屋のガスは昨年11月末に止められ、電気も止まっていた。

 姉妹は両親と死別し、2人暮らし。親戚とは5年近く連絡を取っていなかったらしい。妹の障害者年金で生活していたとみられ、生活に困窮していた可能性がある。管理会社が12月中旬から連絡が取れなくなり、届け出を受けた同署員がこの日、マンションを訪ねた。

 現場は市営地下鉄白石駅から北東約500メートルの4階建て賃貸マンション。同じ棟の30代男性会社員は「12月初めにお姉さんと階段で会ったが、変わった様子はなかった」。2年前に引っ越してきた女性(80)は「近所付き合いがなく、姉妹が住んでいるのを知らなかったが、かわいそうに……」と声を落とした。

 道内では12日にも、釧路市のアパートで男性(84)と妻(72)とみられる男女の遺体が見つかった。

司法解剖の結果、女性は死後約40日で病死とみられ、男性は死後約20日で凍死だった。

妻は認知症の夫を介護していたといい、釧路署は妻が死亡した後、夫が助けを求められず死亡したとみている。

夫婦は当時、生活保護や介護保険のサービスを受けていなかった。【小川祐希、伊藤直孝】


毎日新聞 2012年1月21日 20時50分(最終更新 1月21日 23時38分)

姉急死後、妹衰弱死か 札幌2遺体 1カ月前に携帯履歴(01/22 10:50)

女性2人の遺体が見つかったマンション=札幌市白石区東札幌

 札幌市白石区のマンションの居室で20日、遺体で見つかった40代の姉妹とみられる女性2人は、姉とみられる女性が先に病気などで急死した可能性が高いことが21日、札幌白石署への取材で分かった。

同署は同居する知的障害のある妹が1人残され、食事を取ることなどができず、その後、衰弱死したとみて死因を調べている。姉の携帯電話には、外部に助けを求めようとしたとみられる発信履歴が残っていた。

 同署によると、この部屋に住んでいたのは、42歳と40歳の姉妹。遺体はそれぞれの寝室でみつかり、姉とみられる女性は死後1カ月程度、妹とみられる女性は死後1〜2週間とみられる。

妹とみられる遺体の方がやせ細っていたという。<北海道新聞1月22日朝刊掲載>

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

姉が死亡後、妹が衰弱死 プラチナシニア倶楽部 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる