きずなの会のご紹介


きずなの会の活動


高齢者の身元保証と財産管理

-NPO法人きずなの会の活動-

2001年9月4日、高齢者等の人権擁護活動を目的として愛知県より認証を受けたNPO法人「きずなの会」は、 2011年10月現在、約5,000名の高齢者等と「生活支援契約」を結び、親族に代わる生活支援活動を行っています。
 近年、独居老人の方々が、アパートや病院、福祉施設などへ入居や入院する場合、身元保証人がいなくて困っているという話が多くなりました。 そうした高齢者の身元保証、財産管理など生涯に亘ってきずなの会は、支援をする活動を行っています。

 きずなの会が多くの高齢者の方々と「生活支援契約」を結んだことに報道関係者が注目し、たびたび新聞やテレビで取り上げられました。

 2009年5月には、内閣府より全国認証を受け、今後はさらに活動の輪を広げ、困っている高齢者の方々の生活支援を目指してまいります。

1.身寄りのない高齢者・障がい者、家族との間が疎遠になっている高齢者の方の身元保証
 及び病院・施設への入院・入所、賃貸住宅入居の支援を致します。

2.必要に応じた随時生活支援及び24時間365日の緊急支援を致します。

3.死後の事務支援を致します。

4.葬儀・納骨支援を致します。

5.実情を考慮して成年後見制度についてのご相談に応じます。

http://www.kizuna.gr.jp/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック